人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

かくれんぼ

最近はめっきり秋らしく朝晩がとても過ごしやすくて涼しい
こんな日はどこかに出かけたい撮影に行きたいものです・・・

今日は江南市のデジカメ教室前期の最終日でした。
みなさんこれまで撮ってきた蓮や彼岸花など季節の花々や自然風景、イベントやスポーツなど様々

みなさんと一緒に見ながら
どこが良かったか、更にうまく撮るための復習やアドバイス、カメラの設定方法などをレクチャー。
そのあとは次に撮りたいものの質問が出たので
カメラの設定方法や撮り方やコツをアドバイスしてあっという間の時間でした。
みなさん来期も継続していただけそうで良かった。

来期からは毎月、午前と午後の部2回に増やしての講習となりそうです。
どんどん頑張って増やしていかねば!
かくれんぼ_f0361287_22561217.jpg
EOS7DMarkⅡ EF100-400 f4.5-5.6 LⅡ ・F5.6・1/800・ISO800(2016/09/17)


by Photo-Office-O | 2018-09-20 00:00 | カメラ | Comments(0)

NiSiフィルター

角形フィルターで有名なNiSiフィルターさん
私もハーフNDなどを愛用しています。
NiSiさんのウェブサイト、photographersというコーナーで紹介していただけました。

https://photographer.nisifilters.jp/photographers/takayoshi-oshima/
作品6点です。

今やデジタルなので後でRAW現像やレタッチでなんとかなる時代ですが
日の出・日の入りなの強烈な逆光時に使用するとやはり違います。
もちろん山にも持っていきます(笑)
NiSiフィルター_f0361287_23412473.jpg
立山・雄山
EOS6D EF24-70F4 L ・F16・1/13・ISO400(2015/09/21)


by Photo-Office-O | 2018-09-19 00:00 | カメラ | Comments(0)

日本の原風景

昔から変わらない生活風景や景観を原風景とも呼ぶことがあります。
長野県白馬村の青鬼集落
集落の民家はその昔茅葺き屋根だったはずだけど
茅葺の維持・管理・技術の発展などもあり今はトタン屋根に変わってしまっている。
しかし、この地もそれにふさわしい景観の集落と言えます。

青鬼地区の田園は
古代米(紫米)が主でお米そのものが黒くもち米の一種
酒米にもなるようで地元の日本酒にもなっている

この景観を維持して残していっていただくためにも
訪れたらお金を落として少しでもお手伝いになればと思います。
そして撮影マナーも守ることも大事
日本の原風景_f0361287_23015737.jpg
EOS6D EF24-70F4 L Ⅱ・F14・1/10・ISO200(2014/09/15)

by Photo-Office-O | 2018-09-18 00:00 | 写真 | Comments(0)

季節を感じるころ

早いところでは稲刈りが始まる頃。

稲の穂が黄色くなっている田園や稲刈り作業
田んぼのあぜ道などに咲く彼岸花を見ると秋を感じます。
季節を感じるころ_f0361287_22575453.jpg
奈良県明日香村
EOS6D EF70-200F2.8 L Ⅱ・F8・1/250・ISO200(2016/09/17)


by Photo-Office-O | 2018-09-17 00:00 | 撮影 | Comments(0)

山でよくみる自然現象

当時、白馬岳頂上直下でガスが流れる中での夜明けの撮影。
日の出前からカメラを構えやがて朝焼けする山々を撮影する。
一通り撮影を終えて後ろを振り向くと大きくはっきりとしたブロッケン現象が現れていた。
山でよくみる自然現象_f0361287_22184961.jpg
EOS7D EF70-200F2.8 L Ⅱ・F8・1/80・ISO100(2014/09/14)

ブロッケン現象は日本古来から御来迎(ごらいごう)と呼ばれているそうで、
後光を背負った阿弥陀如来と似ていることがその由来
古くから日本の山の多くは霊山や信仰の地で多くの修験者がこの光景を見て手を合わせたことだろうと思う。

御来光ではありませんよ(笑)


by Photo-Office-O | 2018-09-16 00:00 | 登山 | Comments(0)

秋雨前線

お盆から休みと天気が合わず山に行けていない
9月に入ってからも秋雨前線で雨続き
今年の紅葉は早いようなことを周りからよく聞く
ただ色付きの期待は難しいそうだけど・・・

3000m級の稜線は紅葉が始まりつつあるようです。
秋雨前線_f0361287_23192264.jpg
EOS6D EF70-200F2.8 L Ⅱ・F10・1/40・ISO100(2014/09/14)


by Photo-Office-O | 2018-09-14 23:25 | 登山 | Comments(0)

新型iPhone

新型iPhone_f0361287_23485626.jpg
新型iPhoneが今朝発表された。
どんどん綺麗になるモニターはいいのだけれど、ディスプレイもどんどんデカくなってる・・・

職業柄注目してしまうカメラ機能
とうとうiPhoneにも絞りが変えられるようになった
しかも取ってから被写界深度が変えられるとか

以前、デジカメにもあったなぁ「LYTRO ILLUM」
新型iPhone_f0361287_23590129.jpg
ただ方式としてはこれとも違い
機械的でもなさそうでOSが処理してくれるんだろうけど
元データはどうなるんだろう???

by Photo-Office-O | 2018-09-14 00:07 | カメラ | Comments(0)

山ザックとカメラ機材

今期夏から夏山用ザックとして新規導入してみました。
その感想を少し・・・
山ザックとカメラ機材_f0361287_22580260.jpg
カメラカバンやリュックは永遠の課題とも言われていますが
特に山ザックは登山中一日中背負っているものなので自分の体にフィットしないと
集中力が落ちたり疲れの度合いも変わってきたりするので重要視したい。
登山だけならいいのだけど写真を撮る上で機材の収納量や取り出しやすさなども
考えたいのでそう簡単にみつからないから大変・・・
そんな中少し前から気になっていたザックFoxfireのフォトレックデュラレージ32
を購入してみました。

登山靴の次に大事なくらいのザック
当然、購入前に試着します。さすが日本メーカー背負った感じは大丈夫!
そして意外にザック自体は軽かったこと、監修は写真家の秦達夫先生だそうです。
かなり力が入った商品みたいです。
山ザックとカメラ機材_f0361287_22583623.jpg
最近のカメラリュックタイプで多くみられる背面の開口
これはかなり楽です。カメラ用インナーもあり機材とウェアなど仕分けもしやすいです。
インナーはザックとベルクロで固定ができ自由に位置決めができます。
機材は重たいので上部に設置。ウェア関連を下にすることで、ザックを下ろした時に
機材へのショックも緩和できますしね。
インナーの仕切りもカスタマイズ可能になってます。
山ザックとカメラ機材_f0361287_22585902.jpg
各ファスナーの取っ手は大きくグローブをしたままでも開けやすい仕様
背面ファスナーも同様
山ザックとカメラ機材_f0361287_22582186.jpg
収納する機材とウェア類
6D+100-400に100マクロか広角単など被写体や山域・山行工程によって変えますが大体こんな感じです。
アクセサリーはレリーズ・ルーぺ・フィルター・バッテリー・カード・夜間用ヒーター・メンテナンス道具など
それにジッパー袋に乾燥剤←結構これ大事(笑)
山ザックとカメラ機材_f0361287_22584373.jpg
予備的道具はインナーの上部に少し隙間があるのでそこに押し込んでおきます。
あとはウェア類です。
防寒着・雨具・ファーストエイド・行動食・ヘッドライト・タオル・食料・飲み物・予備のグローブ・着替え・
時には軽アイゼンなどをインナー下のスペース、ザックの上部やサイドに後部に押し込んでギリギリ入るくらい(笑)
山ザックとカメラ機材_f0361287_22590660.jpg
大事な三脚は一番後ろに括りつけることができました。
本来ここは三脚用ではないようです。(笑)
山ザックとカメラ機材_f0361287_22583623.jpg
そしてメインボディと標準・広角ズームレンズは別のウエストバックに収納。

ここからは使ってみて思ったこと
私のスタイルとしてザック一つで全ての機材を収納することは可能ではあるのだけど、あと5L
でも追加できると重宝しそう残雪・秋も問題なくいけそう
ウェブサイトの商品画像を見てもわかりますが、コンセプトはおそらく車で目的地まで行けて
数時間フィールド撮影をされる方にフォーカスしたアウトドアザックな気がします。
紹介画像には少しウェア類が収納されている以外全て機材・アクセサリー

あと使用してつくづく思ったこと強く改善して欲しいところは色、黒はやめて欲しい
せめてグレーとか・・・(笑)
黒だと虫は寄ってくるし、陽に当たれば熱を吸収して内部が熱くなるしいい事ないだらけ、
汚れも目立つし(笑)
上部に食料を入れて行動していたらかなり暖かくなっていた。森林限界に出たら必ず陽を遮ぎることは
できないことは登山メーカーならわかっているはず。ザックを下ろしてすぐに取り出しやすい上部の
収納スペースは使い勝手が良いので食料を入れておきたいのだけれど、
おにぎりやパンなどの生物を入れるのに抵抗してしまう。それからは別のところに入れるようにもした。
そう思うとなおさら登山向けに開発されたものでは無かったと思ってしまう

ザックそのものはかなり良いものなんだけどなぁ
これからも使っていきますけどね(笑)

どうしてカメラ系カバンやリュックは黒ばかりなんだろう・・・





by Photo-Office-O | 2018-09-13 01:43 | 登山 | Comments(2)

今年も橦木館で

今年も名古屋市文化のみち橦木館で
日本山岳写真協会東海支部のメンバーによるグループ展が開催されることとなりました。
今回の参加メンバーは東海支部長の鎌田さん、高屋さん、山田さん、堀さんの
4人です。

9月15日には唯一の女性参加メンバー、山田さんによるギャラリートークもあります。
お楽しみに!

敷地内には駐車場はありませんが近くにコインパーキングなども
ございますのでお車でもお越しいただけます。


開催期間:平成30年9月7日(金)~9月17日(月・祝)  午前10時~午後5時 

(※最終日9/17(月・祝)は午後3時終了)

開催場所:名古屋市 文化のみち橦木館 和室


今年も橦木館で_f0361287_13065021.jpg


by Photo-Office-O | 2018-09-01 12:00 | 写真 | Comments(0)