人気ブログランキング |

<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ユネスコ無形文化遺産 第383回犬山祭り

明日から犬山祭りが始まる。
今年はめでたくユネスコ無形文化遺産に犬山祭りも登録されました。
登録された中で犬山祭りはトップバッターの開催となるようです。
おそらく沢山の方でごったがえすんでしょうね

残念ながら今年は仕事が入ってしまった。
4年連続撮影に通いつめた記録が途絶えてしまう…仕方ない。

今年は寒い日が続き本町通りの桜もまだ満開までとはいかないのかな?
桜が満開の中、車山が通るのは華やかでとても絵になる撮影ポイントひとつ

車山を大勢のてこさんたちがひき、方向転換する「しゃぎり」や「どんでん」は
まさに圧巻、夜には365個の提灯に実際の火が灯り動く様も絢爛です。
お昼にはからくりの披露などもあり一日中見どころ撮りどころの多い祭りです。

昨年の写真、ほんの一部をご紹介
f0361287_19343581.jpg
f0361287_19333396.jpg
f0361287_19334554.jpg
f0361287_19340716.jpg
f0361287_19335687.jpg
f0361287_19342269.jpg
f0361287_19344532.jpg
f0361287_19345940.jpg
f0361287_19355660.jpg
f0361287_19361133.jpg
f0361287_19363762.jpg


by Photo-Office-O | 2017-03-31 21:57 | その他 | Comments(0)

雪解けすすむ宇津江四十八滝

前回の投稿の西穂山行の続きです

無事に西穂から下山して皆さんと昼食をとりながら今朝の撮影の
振り返りなどで会話を楽しんだあと解散となりました。

時間はまだ14時
帰るには勿体無い
う〜〜ん・・・
何処に寄ろうかと考えついたのが宇津江四十八滝だった。

氷瀑はまず考えにくいけど、冬の宇津江には行ったことがなかったので
行ってみることに

現地到着寸前で自分の車の車幅ギリギリの除雪の道(雪の大谷?w)
ミラーをたたんで慎重に進みなんとか通り抜けることができて一安心
その先はレストハウスしぶきの駐車場まで行くことができて数台は置ける状態
なぜあそこだけ道幅が狭いのかは疑問に思った

現地は思いのほかまだまだ雪深く
奥へと先に進む雪道はところどころ足をとられながの道のり
何人かは訪れているようで踏み跡もあったがあまりあてにもならずトレースにならない程度
たまに膝上まで雪に埋まることも
当然パウダースノーではなく湿った重い雪なのでハマるたびに足を抜くのが大変
ゆっくり撮影しながら上段滝まで向かった
f0361287_00190335.jpg
宇津江四十八滝:すすむ雪解け
EOS5DMarkⅣ・EF70-200F2.8LⅡ・F2.8・1/320秒・ISO200

f0361287_00193921.jpg
宇津江四十八滝:春まだ遠し
EOS5DMarkⅣ・EF16-35F2.8LⅡ・F16・2.0秒・ISO100

上段滝にたどり着く、雪の影響で倒木だらけ
上段滝は三段の滝になっており最上部に少し氷瀑がのこっているのが見えた。
途中まで上がったが最上部まで上がるには大変だしもう日没を迎えていたので
折り返すことに
f0361287_00203723.jpg
宇津江四十八滝 :移ろい
EOS5DMarkⅣ・EF70-200F2.8LⅡ・F16・1,0秒・ISO100
f0361287_00230374.jpg
宇津江四十八滝 :春への雫
EOS5DMarkⅣ・EF100F2.8LMacro IS・F2.8・1/640秒・ISO400
f0361287_00212761.jpg
宇津江四十八滝 :氷の造形
EOS5DMarkⅣ・EF100F2.8LMacro IS・F4・1/250秒・ISO1600

たくさんの雪に覆われているが着実に季節は春に向かっている
真冬の氷の世界とちがい溶け出した氷の造形は潤いがあり春を感じとることができた




by Photo-Office-O | 2017-03-24 23:41 | 撮影 | Comments(0)

西穂撮影

3月19・20日と日本山岳写真協会東海支部の撮影山行に参加してまいりました。

3月の東海地方は梅が咲き下旬には桜の便りが聞ける時期でもあり気温も
ぽかぽかと春めいた陽気にも、嫌いな花粉も飛ぶ時期。

初日は天候が悪く撮影を見送ることになり、2日の早朝のみの撮影となった。
目覚めると何故か体調不良に・・・
就寝中の呼吸が浅かったのか少し高山病を催してしまった感じで
こういったケースは初めての経験だった。
気分がすぐれないまま朝の撮影、撮影場所は丸山までにし不完全燃焼の撮影となってしまった。
f0361287_02101646.jpg
丸山付近:夜明けの雪稜
EOS5DMarkⅣ・EF16-35F2.8LⅡ・F13・1/6秒・ISO400
やはり絶景を前にしても集中できず撮れない・・・
日が昇るとともに体調も回復の兆し、しかし絶好のシャッターチャンスは後の祭り
f0361287_02113084.jpg
丸山:射光
EOS6D・EF70-200F2.8L・F8・1/800秒・ISO800

f0361287_02234315.jpg
丸山:頂きを目指す者たち
EOS6D・EF70-200F2.8L・F9・1/400秒・ISO100

約1時間半ほどの撮影タイムは終わり、西穂山荘に戻ることに
山荘の暖かい部屋の中で休憩と朝食をとり体を温めて下山となった。
f0361287_02101719.jpg
西穂山荘付近:風紋と雪庇
EOS5DMarkⅣ・EF24-70F4L・F16・1/400秒・ISO100

初日から西穂高岳では遭難事故が相次いだようで
救助ヘリ・遭対協の方々など幾度となく見た。緊迫した空気を見ると胸の苦しみを感じると
ともに身の引き締まる思い。今後も安全な登山と撮影を心がけたい。



by Photo-Office-O | 2017-03-23 02:44 | 撮影 | Comments(0)

毎年のこと

登山用に購入したSUUNTO Coreの電池交換の時期が来た。
この時計、ほぼきっちり一年で電池切れするため燃費の悪い…

f0361287_18054752.jpg
当時は機能が豊富ほうで高度計は1mで刻んでくれたり
気圧計のストームアラームも何度か役にたった
一番役に立ってる機能は日の出日の入時刻表示。
細かく緯度経度設定、ましてやGPSなどは購入したときには(確か)ないので、
主要都市を選択しての時刻になり居場所によっては多少の誤差はある。
でもその辺りを把握しておけばいいわけで、
山に限らず撮影の時、移動時など瞬時に確認できること
私にとっては大変役に立っている。
そのおかげで今だにこの時計を愛用している。

今やスマホで何でも調べる事が可能だけど即座に答えて
くれない事があったり、電波が必要だったり。
まだまだ腕時計は必要なギヤのひとつだなぁ

そろそろ新しいのにかえよかなぁ〜


by Photo-Office-O | 2017-03-13 18:17 | その他 | Comments(0)