人気ブログランキング |

初の花火

夏の写真の代名詞ともいうべき花火。

初めて一眼レフカメラのシャッターを押してから、かれこれ約20近くになり
今では教える立場にもなっているのに花火撮影は一度も撮ったことがない(笑)

撮り方はわかるが撮ったことがなければ意味がない。これはまずいと思い
地元の日本ライン納涼花火大会が行われる一週間ほど前から毎日10分間
花火が打ち上げられるといういい練習機会があることに気づき
撮影スポット探しも兼ねほぼ毎日場所を変えながら撮影に出向いた。
f0361287_00260359.jpg
犬山市:犬山城と花火(成田山から)
canonEOS6D・EF24-70mmf4LIS・F4.5・20秒・ISO100

撮影方法もいろいろ調べて面白そうと思ったのがこの方法↓
f0361287_00211381.jpg
各務原市:鵜沼の森
canonEOS7DMarkⅡ・EF400mmf2.8LIS・F2.8・1.3秒・ISO200

花火は背景を入れることで何処で花火が上がったものかわかるように撮るのは
ほぼ一般的で見た目は確かにキレイだが、いわゆる絵葉書写真的な?
それではやや物足りない。
浴衣を着た人物を絞り解放気味で入れ、背景に花火をボケ気味にした写真は
撮ってみたい構図、でも短時間でそれを探すのはややリスクが高いので
今回は却下。
そこで決めたのが望遠系で花火のみを撮る方法。
f0361287_00404124.jpg
各務原市:鵜沼の森
canonEOS7DMarkⅡ・EF400mmf2.8LIS・F2.8・1.3秒・ISO200
場所を変えずその場でいろいろな表現方法ができるのもいいよね
f0361287_00211317.jpg
各務原市:鵜沼の森
canonEOS7DMarkⅡ・EF400mmf2.8LIS・F2.8・1.3秒・ISO200
しかも望遠レンズだから遠くから撮影もできて人ごみの中で撮らなくてもいいし
これはこれで結構奥が深そうな表現方法。
ピントリングを回すのだけど合照位置からずらすと上の写真。
ずらした位置から合照させればもう一つ上の縦構図写真となるわけです。

もう花火が撮れる機会は減ってきましたが興味のある方は是非一度
撮ってみてはいかがでしょうか?
撮影技術も上がりますしw

by Photo-Office-O | 2016-08-23 00:48 | 撮影 | Comments(0)
<< 9月7日まで 山の日 >>